ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東地さんかっこよかったああ。
内山くんが相変わらず20歳とは思えないくらい落ち着いていた(笑)
そして古橋監督が更にボロボロになっていた…!(涙)今回バンクが結構あってごめんなさいごめんなさいと言っていたけど、EP2からEP3までの制作期間考えたら無理もないよ…。半年しかなかったもんなあ。
今回監督作画にも入ってましたね。クレジットに名前ありました。
舞台挨拶見てると思うけど、このアニメの一番の萌えキャラは監督な気がする……。いつもゆらゆらしている…。
EP4は今年秋ってことですけど、監督いわく12月くらいになっちゃうかもとのこと。
それでも早いくらいだよなあ…。四巻も相当ぎゅうぎゅうづめになるはずなので期待してしまうのであります。

あと新宿行ったついでにマルイワン行ってアルトのゴスとシェリルの男装の設定画見てきました!
メルフォから衣装のことでメール下さった方もありがとうございます!本当に助かりました…!あとで返信させて頂きますね。

アニメだと割と顔つきとかもちょっとごつめ?だったりする時もあったんですが、設定画のゴスアルトめっちゃかわいかった…!顔が半分切れてたのが残念…。
脚めっちゃえろかった。ニーソで絶対領域ほんとにえろかった…。

あとシェリルのエリクシア衣装もしっかり見てこれました!コートどうなってんだろーと思ったんですけどああなってたんですね。ほうほう。
ミハエルにもこういう衣装着て欲しかったな~。絶対似合うと思うんだけどな。

結局色物に走る自分なのでした。

あとユニコーン3話の感想です。折りたたみで

前回は小さい画面だったので、今回は大きい画面で見れてよかった!
やっぱり映画館という環境で観れるのがいいよなあ。家のテレビもでかいのに変えたけどそれでも全然足りない。

私ガンダムは本当に初心者で過去作も余りよく知らないんですが、今回は冒頭の戦闘で歴代の敵MS登場だったとか。
知ってたらもっと楽しめたんだろうなあ。

毎回描写が色々細かいですけど、最初のハイパーメガ粒子砲撃つ所、あれカウントダウンちゃんとかっきり48秒なんですよね。
あとパラオにしかけた爆弾が爆発する時の炎の描写であったり、後半ネエルアーガマの機体が被弾して穴があいた所からクルーが放り出される瞬間、開いた部分がまだ熱を持っていて、その為宇宙へ投げ出される瞬間宇宙服の背中の酸素ボンベ?の部分が爆発していたり、ダグザさんが撃ったバズーカがシナンジュの顔にあたってちゃんと塗装がはげていたり。
あの塗装がはげたシナンジュかっこよかったなあ……。
多分もっともっと色々あると思うんですが、私なんかじゃ気付ききらないので色々ネット観て調べてみよう。

それにしてもやっぱり何度見てもダグザさんとバナージがコックピットでいるシーンは最高だ…。
台詞がまた良くて。「~部品だ。無くすなよ。」のとことかもう震える。
本当にユニコーンはおっさん達が渋くてかっこいい。
オットー艦長にしてもダグザさんにしてもギルボアさんにしても、バナージに対して真摯に向かい合ってくれていて嬉しい。押しつけがましくないのがいい。
バナージは未だに運命の歯車に巻き込まれたことに対して抗っているわけですが、途中不殺を始めた辺りもそこらへんの葛藤が出ていてイラっとはしなかったなあ。むしろ若さが眩しいと言うか。

カーディアスやダグザさんやギルボアさんがあの戦争のさなかバナージに見出したものは希望と未来なんですよね。
バナージは皆にとって息子であり、親にとって子供は正に可能性の塊。そしてユニコーンも可能性の獣。

ダグザさんの敬礼のシーンはベタでも本当に何度見てもクるものがあります。そして最後のサイドシートが大気圏で燃え尽きるところとそれに手を伸ばすユニコーンの所で毎回涙腺決壊。

あ、あと実は今回一番好きなとこは、ユニコーンがクシャトリアのファンネルを操るとこかな。
あそこすごいゾクゾクっときます。手の描写が凄いいい。
あとイケメンマリーダさんのシーン(笑)
どうでもいいけどいまだにアルベルトとバナージが異母兄弟という事実に脳がついていかない\(^o^)/
アルベルトもかわいいですけどね…!後半凄いいいキャラになるし。
そしてミネバ様がデレていた(笑)

んあー毎回言ってるけど早く次が見たいよ…!(笑)スタッフ頑張ってスタッフ…!

追記
********
やっぱりSF系強い人の感想って凄い勉強になる…!
新しく知ったこと。
・ニュータイプはお互いの意識で会話、というか意志疎通ができるようですが、クシャとシャンジュが接触している時に操作パネルに「connect com」と出ていました。これはMS同士でどこかが接触していれば声が届く仕組みではないかとのこと。
見直してみたらほんとだ!冒頭のデルタプラスとユニコーンのシーンもちゃんと触れあってる(とかくとなんかいやらしい)
・冒頭の戦闘のユニコーンがライフルを撃とうとした時バナージがすぐ撃てなかった理由。同じく操作パネルに「weapon device driver converting」と出ているんですが、これはおそらくバナージが敵側の武器を調達した為、その武器のデバイスドライバを解析してユニコーンにインストールしなくてはいけなかったのではないかということ。
そういやそうだ、あの武器ガトリングだったからあんな武器ユニコーンあったっけ?と飾ってあるプラモ見て思ったんだった。

おおおお…!(うるさいよ)
まだまだ全然分かってないこと多そうなのでまた色々見てこよう。面白いなあ。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 マク缶, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。