ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結局昨日は帰ってきてご飯食べたらすぐ寝落ちしてしまったと…。
本当に体力が無くなってきている…!

そして色々やらなきゃいけないことありつつも、熱を吐きだす意味もこめてユニコーン3話ネタバレ感想を。
気持ち悪いかもですけど、本当に最高すぎてもう胸が熱い。3話は今までで一番ドラマが凄かったです。

完全に一人ではあはあしているだけの感想ですが(ほんとにうっとうしいです)折りたたみで~

まず3話は作画監督が私の大好きな村瀬さんというだけでもうっほうほでした。時間がない中でこれくらい安定したクオリティを保ってくれているのは本当に嬉しいです。

で3話は原作でも特に戦闘シーンが盛り上がる部分でもあるんですが、今回は戦闘シーンも素晴らしかったですが、何よりもその人間ドラマが最高でした。
バナージにもミネバにもマリーダさんにもダグザさんにもジンネマンにアルベルトにも、ほんとに全員にそれぞれしっかりした人生があるのが分かるんですよ。
誰と誰の運命が絡み合ってどう動いていくのか、そのどれもに意味があって。
本当に端っこにいるような脇役のキャラにまで丁寧に気を配っています。

ユニコーンはそのキャラクターの表情や手の動き、所作で演技をちゃんとさせているのがいいです。もちろんセリフで説明するところも多々ありますが、それと同じくらい表情がいいです。
MSの戦闘シーンも、(それが悪いということではなく)アニメ的な派手なアクションとかがさほどあるわけではないのですが、理にかなった動きをしているので何回見ても発見があります。

たとえば一巻で、初めてユニコーンに乗ったバナージがマリーダさんのクシャと戦闘するシーン。機体を正面に向けるのにバナージは余分に回転してしまい、そこでユニコーンのパイロットが初心者だと気付いたマリーダさんが「落とせる!」と言ったり。
ネットで色々見ていると、兵器関係に詳しい人の感想とかはいちいちへー!となります。
そういう人達が納得できるように作られてます。重力のこととか今回出てきたハイパーメガ粒子砲とかも。

あと今回もいい味を出していたのがオットー艦長!ヘタレだけどでもそこがいい(笑)今回はバナージを何気なく諭すシーンがあって、その前の紅茶を吟味してるところとかねー…もういいんだ…。

なんかもうホメ殺しばっかで気味悪いと思うんですけど堪忍してください\(^o^)/

で肝心のMS戦ですが、冒頭のリディのデルタプラスとユニコーンが背中合わせになった所はほんっとたぎったああああああ!めっちゃかっこよかった!そこで男同士の約束を交わすんですがまたそこが熱い…。
リディ結構イラっとするキャラですけど(笑)今後キーキャラになるので楽しみです。

あとは中盤のクシャVSユニコーン戦。ここの作画もくそすごい。動き凄い。そしてここでバナージがマリーダさんと共鳴して過去を知るんですが、マリーダさんの過去、カットすることなくうまいこと監督が表現してくれた…!
余りに重く辛い部分なので、年齢制限のないアニメ版だとどうなるかなあと、事前にファンの間でもかなり物議をかもしていましたがちゃんと入れてくれてました。これはないとダメなとこだもんなあ。

というか今回マリーダさん真ヒロイン。後半アルベルトを助けるとこの顔!凛として死ぬほど美しいんですよ…!
しかもそのシーン、マリーダさんにセリフはないんですがただマリーダさんの顔だけを長めに映しています。
アルベルトはここでマリーダさんに好意的なものを抱き始めるんですが、あのきりっとした表情をこっちも10秒以上見せられているわけで、「そら惚れるわ」と視聴側も思うわけです。うまい。

そして最後の戦闘。シナンジュ+ローゼンズールVSユニコーン。もちろん凄い。
そして戦闘以上にドラマ部分がいい…!
ダグザさんとバナージのやりとりは本当に切ない…。
バナージと出会ったことで初めて父性というものを感じたダグザさん。最期のあの笑顔の敬礼を見た瞬間私の涙腺大決壊。泣くなという方が無理。
そしてバナージ演じる内山くんの演技が相変わらずいい。この子、叫ぶシーンほんといいなあと思う。

それにしてもダグザさんの最期は小説で読んだ時もう…ってなったんですが、ああやって映像にされると余りにもあっさりと殺されてしまい…一層辛かったです。

そしてもう一人のキーパーソンのギルボアさん。ギルボアさんの最期もなんというか見せ方がとても苦しいというか切ないというか…。メットのシールド部分の表現が私はとても印象に残りました。ほんと何て言うかもう…。憎い…!演出がいちいち憎らしい…!(笑)

観終わった後はもう胸が熱くてたまりませんでした。ほんっとに面白かった。
あとユニコーンは初代のオマージュ部分がかなり含まれているわけですが、原作で「それはやりすぎだろ」だと思われていたところは結構カットされていました。
ここら辺も監督がちゃんと考えて作っているんだなあとしみじみ思いました。

試写会では4話予告なかったんですが、劇場版ではあるのかな…あるといいな…!
来週からのニュージー旅行が延期になったので、ユニコーン初日初回見てきます(笑)


ああ…本当に気持ち悪いくらいしつこく語ってしまった…。すみません…。
というか誰か私とユニコーン語ってください(笑)

ガンダム知識は全然ないペーペーですが、、宇宙世紀モノちょっと勉強してみようかなと思います…!
ここまで誰が読んでくれたんだろうと思いますがうっとうしいつぶやきにお付き合い頂きありがとうございましたー!


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 マク缶, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。